コピーライティング

APAホテルの大浴場が教えてくれた「人を動かす」ということ

6月11日。

それは、
僕の23回目の誕生日の
1週間後の出来事でした。

大阪に出張しており
あるホテルに3泊したのですが
そのホテルに決めた一番の理由は

「ホテル内に大浴場があったから」

スケジュールが詰まっている時期で
少し、体の疲れも感じていたので

大きなお風呂にゆっくりとつかり
体を休めたいと思ったのです。

しかし、
「3回は入ってやろう!」
という事前の意気込みむなしく

ふたを開けてみれば結局
出張中も仕事に追われ…

大浴場に足を運べたのは
最終日のチェックアウト前でした。

ただ、ようやく果たせた目的です。

サウナに入って汗を流し
隅々までキレイに汚れを落とし
「ふぅ~」っと息を大きく吐きながら
露天風呂に体を沈めました。

そこが大阪の町であることを忘れられるほどの

至福のとき。

小さな幸せをかみしめていると
ふと、目の前にある小さな看板に気づいたのです。

そこには
温かみを感じる字体で
こう書かれていました。

『虫さんも、はっぱさんも
 露天風呂がだいすきです。
 はいっているのを見かけたら
 これですくってあげてください。』

はっきり言って
当時の僕には衝撃でした。

そこは露天風呂で
お風呂の周りには植物が植えられています。

葉っぱは落ちることもあるでしょうから
湯船に虫や葉っぱが浮かんでいることも
しばしばだと思います。

何の気なしに
虫が浮かんでいるのを見つけてしまうと
『汚いな』と思ってしまうかもしれません。

葉っぱがたくさん浮かんでいると
『汚れているな』と思ってしまうかもしれません。

でも、この小さな看板のおかげで
たとえ虫や葉っぱが浮かんでいても
そんなにイヤな気持ちにならないでしょうし

見つけた人は、そこにかかっている
小さな網のような道具を使って

虫や葉っぱを湯船から
外に出してくれるでしょう。

お風呂はきれいに保たれるし、嫌な気分にもならない。

僕が入っているときには
葉っぱも虫も浮かんでいなかったのですが

それでもその看板を見たことで
すごくいい気持ちになり、その日は一日中
すがすがしい気分で活動することができました。

これが

『葉や虫が湯船に紛れ込むことがあります。
 もし見つけられた際には
 こちらで外に出してくださると助かります。』

という看板だったらどうでしょう?

同様の効果が考えられるでしょうか?


・・
・・・

いかがでしょうか?

「心温まる話ですね」

で片付けるのは、少しもったいないと思います。

この看板を書いた方が持っていた力が
コピーライティングの力です。

この日、この看板が僕にもたらした
言葉では言い表せないような効果が
コピーライティングの効果です。

そして今日、あなたが触れたのが
コピーライティングの可能性なのです。

ただ物を売るだけじゃない。

「あなたの人生を豊かにする可能性に満ちている。」

それがコピーライティングです。

僕は良くコピーライティングの重要性について説きますが、

「言っていることはなんとなく理解できるんですが
 本質的な部分で具体的にイメージすることができません。」

という感想をくれる方も少なくありません。

今日の実例から、何かを感じてもらえたら嬉しいです。

ちなみに、これは、
1年半くらい前に僕がメルマガで紹介した実体験で

当時、驚きと感嘆の入り混じった感想が
メールボックスに山のように届いたエピソードです。