マーケティング

初対面の人に土地を売ってしまう、あるセールスの神様の教え

先日、ある方のご紹介を受けて、
「セールスの神様」と呼ばれる人の
ご自宅で、話を聴く機会がありました。

その方は、すでに第一線からは退いているのですが、
現役時代には

「契約率99%」
「初対面の人に土地を売る」

など数々の伝説を持ち、
いっさい宣伝しなくても、口コミだけで
企業研修の予約が数ヶ月先まで埋まるような人でした。

プレイヤーとしてだけではなく、
指導者としても一流だったということです。

その方のご自宅で、2時間たっぷりと
色んな話を聴かせていただいたのですが、帰り際に、

「ひとつだけ伝えておきたいことがあるんだけど…」

という切り出しで、こんな質問をされました。

『ビジネスで最も簡単に結果を出す方法は、何だと思う?』

「最も簡単に」結果を出す方法です。
また「最も確実に」とも言っていました。

あなたは、何だと思いますか?

その時は、考えている間に、
呼んでもらったタクシーが到着してしまい、
僕が答える前に、回答を教えてもらうことになったのですが…

その答えは、実にシンプルでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■最も簡単に結果を出す方法、それは「パクる」こと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

その方は「二番煎じ」という言葉を使っていましたが、
要は「パクリ」のことです。

すでにうまくいっている人のビジネスを真似ること。

それが、最も失敗のリスクが少なく、
最も簡単に結果がでる方法だということでした。

たしかに、そうですよね。

ビジネスに挑戦する多くの人が、
誰も考えつかなかったようなアイデアを思いつこうとし、
利益を独り占めできるようなビジネスを探し求めます。

というかむしろ、
それこそがビジネスだと信じて疑わない人も多いようです。

もちろん、それも悪くはありません。

もし見つかれば、ひとり勝ちして、大儲けできるでしょう。

ただ、見つからなかったら…?

諦めなければ、いつかは見つかるとしても、
それまでに多くの時間を要するかもしれません。

明日見つかるか、1年後に見つかるか、
それとも一生見つからないかは、誰にも分かりません。

これはある意味、リスク(不確実性)の高いギャンブルです。

一方、すでにうまくいっている事例を真似するのは、
リスクがものすごく低いです。

その相手と競合しないように戦う場所を変えるとか、
ライバルに負けないようにオリジナリティを出すとか、

そういった工夫は多少必要だとしても、
すでに成功した事例を参考にしてビジネスをやることは、
非常に効率が良いと言えます。

「学ぶ」という言葉が、
もともと「真似ぶ」という言葉から生まれたように…

技芸の上達において
「守離破」(はじめは真似よ)という言葉があるように…

優れたものを「真似る」というのは、実は、すごく重要なことです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たとえば、先日ご提供した動画セミナーで触れた
「FREEコンテンツを使ったキャンペーン」を例に取ると、

たくさんの人がすでに、
「大量の見込み客を集めた手法」を真似することは
手探りで集客するよりも効率的だということですね。

「パクる」

それが、御年65歳になる
セールスの神様がたどり着いた
ビジネスで最も簡単に結果を出す方法なのです。

僕もこの意見に関しては、おおむね賛成です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「真似すること」は悪いことではありません。

うまくいっている人やビジネスを真似することで、
リスクを減らして、確実に結果を出していきましょう。

ただ、この時に、
絶対に注意しないといけないことがあります。

それは、

「表面だけ真似ても意味がない」ということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、その方に教わったことではなく、
僕が普段のビジネスで最も大事にしている部分なのですが、
何かを真似る場合、表面だけ真似ても、決して結果は出ません。

大事なのは、
「何をやっているか」ではなく、
「どういう狙いでやっているか」なのです。

たとえば、自分のもっているブログに
しっかりしたキャッシュポイントを仕込んだ方が、
売り上げを上げるために、せっせとアクセスを集めて、
報酬獲得というかたちで、結果を出しているとしましょう。

これは、一見すると
「売上を上げるためにアクセスを集めている」ように見えます。

(というか、実際そうです)

ただ、だからと言って、
ブログにキャッシュポイントがまったくない人が、
同じように必死にアクセスをかき集めても、
売上につながることはありませんよね。

キャッシュポイントがないのですから。

この場合、アクセスを集めるという行動は、
それを活かすキャッシュポイントがあって
初めて意味を持つことになります。

これは、「手段」と「目的」のすり替えに似ています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たとえば、もともと、
有料の教材を買ってもらうために、
見込み客を集めようと無料教材を公開したのに…

(この場合、目的は教材の販売で、無料レポート配布は手段)

いつの間にか、
「無料教材をたくさん配布すること」
そのものが目的になってしまっている、という具合です。

「Ameba Strategy」で紹介した
大規模なキャンペーンもそうですよね。

僕は、動画の中で、
多くのキャンペーン主催者が、
より多くの「リスト」を集めることにやっきになって、
集まる見込み客の「濃さ」を重要視していないと指摘しました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これは、本来の目的であるはずの「売上を上げる」が、
そのための手段であった「無料教材を配る」に
いつの間にかすり替わられている状況です。

いい結果は、望むべくもありません。

ビジネスにおいて、
うまくいった事例を真似することは有益ですが、
それは「戦略」を理解して真似した場合の話です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表面的な「戦術」だけを真似しても、
多くの場合、期待したような結果は出ないのです。

何かを真似る際には、
「根っこ」の部分を押さえているかを
しっかりと確認するようにしてくださいね。