ビジネス全般

ごあいさつ

社会に対して、自分がどういう価値を提供できるか分からなかった大学生時代、僕の頭に浮かぶ未来の景色は灰色でした。何をどうすれば、心から満足した「豊かな人生」が送れるか、全くイメージできなかったからです。

大学3年生のころ、とあるきっかけからビジネスに挑戦したことで、僕の人生は変わりました。いや、激変したと言うほうが正しいでしょう、未来に鮮やかな色が付いたような感覚を今でも覚えています。成功と呼べるような結果を出し、経済的に豊かになったからではありません。その過程でもっと重要なことを学んだからです。

それは、国立大学にまで進学して、16年間に渡って受けてきた教育では、一切教えてもらうことができないものでした。ビジネスというフィールドで、それまで真剣に考えたことがなかった、お金や、他者、成長などと向き合ったからこそ、気づけたものなのだと思います。

「豊かさ」の定義は人によって違うし、僕にとっての豊かさを、あなたに押しつけることは意味がありません。人は基本的に自由だし、人生においても、誰はばかることなく好きな選択肢を選んでもいいのです。

しかし、僕は「知らない」ことほど、悲しいことはないと思うのです。

今の生活に満足して、十分満足だと感じている人にも、今の生活にどうしても満足できず、変えるために何か努力をしたいと思っている人にも、僕が考える「豊かさ」や「豊かになる方法」を伝えたい。大学生の頃に何を知り、その後の活動を通してその考え方をブラッシュアップしてきたかを伝えたい。そう思って情報発信をしています。

決して押しつける気はないし、これをきっかけにあなたの人生が、大学生の頃の僕と同じように激変するなんて断言できないけど、間違いなく何か小さい変化は得られるはずです。

大きな変化も、初めの原因は小さいもの。

僕との出逢いが、このサイトとの出逢いが、あなたの人生に意味のあるものになることを、強く願っています。